彫金教室DOVE。東京・吉祥寺で初心者からジュエリー、アクセサリー制作を学べます。

TEL:0422-28-0012

日本におけるジュエリーの展望

校長メッセージ:今後ジュエリー業界はどう動くのか?

日本におけるジュエリーの展望

これからジュエリー業界に進もうとする方には最も気になることでしょう

Q:今後ジュエリー業界はどう動くのか?

A:小さくオーダージュエリーを展開するお店、工房が繁栄し広がるでしょう。

 

Reason:

ジュエリー業界は年間総売上1兆円弱で現在推移し、未透視ではでは5年は同じような売り上げになります。売上の40%は定番の国内外ブランドで変化が見られません。しかし町のジュエリー専門店が軒並み姿を消し20年前に40%を占めていたのに対して現在は20%と急落しています。その販売シェアはどこへ行くのか。

例えば、現在日本の彫金職人は9割以上が男性です。残り1割以下が女性ですが、みなさん違和感は、ないでしょうか。女性が身につけるジュエリーは女性がデザインし、制作する、それが理想的だと考えます。なぜなら、女性は幼い頃からアクセサリーを自作し、身につけ遊びます。男性がジュエリーに目覚めるのは成人してからが多く、接している時間は圧倒的に短いのです。痒い所に手が届く制作は女性職人の真骨頂でもあります。

アメリカでは、このことにおいて逆転現象が起きています。20年前は日本と同じ男性優位でしたが今や女性職人の方が多くなりました。理由は一つ、職人や作家の直接接客が多くなった。つまり大量生産の既製品からオーダージュエリーが多くなったからです。

ジュエリーを購入する場合、決定権がるのはどちらにせよ女性客です。男性スタッフから接客を受けるより、痒い所に手が届く女性スタッフの接客の方がオーダーしやすいことから、つくりのスペシャリストの女性スタッフの接客を受けて自分らしい一品を身につけたい、記念にしたいという合理的な発想に、お客様が変化しています。

実際2015年春に、私がアメリカのジュエリーショップを視察した際は高級店ですらベンチ(彫金机)を店に出し女性職人が鼻に青粉をつけながらお客様の質問やオーダーに的確に答えているのです。また、出会った男性職人は圧倒的に少なく日本とのギャップに驚きを隠せませんでした。

日本ではジュエリーを学習している学生は圧倒的に女性が多いのに対して、制作する職人は男性が多く矛盾しています。中には「金属加工で力を使うから」などという方もいますが、熟練すればするほど彫金は力を使いません。昔ながらの職人文化が色濃く残ってしまい、現代に合わせて合理化されていないのです。

この点、アメリカは合理主義を掲げていますので売れる売り方があれば右へ習い合理化が進みます。このビジネスモデルは自然に湧き上がっているともいえるのです。

日本はコマーシャルジュエリーにおいて欧米と比べると一歩も二歩も後ろを歩く後進国です。欧米を見習う姿勢を持ち、今世界で何が起きているのかを知る。そして追いつくまでは、先進国が良きも悪しきも見本を示してくれているので参考にし前進あるのみです。

世界基準で物事を判断できる人材を育成することが、我々の務めだと確信しております。

ACCESSBLOGFacebook