彫金教室DOVE校長からのメッセージ。東京・吉祥寺で初心者からジュエリー、アクセサリー制作を学べます。

TEL:0422-28-0012

ジュエリーの世界と学校

学ぶべき事柄、習練すべき事柄とは

ジュエリーの世界と学校

ジュエリーの世界には分類があります。

どの分類で未来仕事をするかで学ぶべき事柄、習練すべき事柄が変わります。

また、欧米ではこの分類が、自身の業界での立ち位置になります。この立ち位置を踏まえた上でコミュニケーションをとり、より建設的な会話もできるでしょう。

日本のジュエリー教育現場でも分類が区別されずに、また、教育せずに学習内容があやふやになっているのが現状です。ジュエリーを学ぶ際に、第一歩として知らなければいけない偏らない世界観が本校にはあります。

日本人があやふやにしているのは、そのジュエリーが商品なのか作品なのか?という一点に絞られます。つまり、「商品を製作する」と、「作品を創作する」は、まったく違うものをつくるということなのです。これを理解していなければ、どの分類でも、あやふやなジュエリーになり結果を出せません。

多くの若いデザイナー、アーティストがこの分類を知らずに業界で独立しようと奮闘しますがバイヤー、ギャラリストなどに撃沈されるのもこの分類に対してあやふやな立ち位置を取っているためです。

世界的な視野の元、学生を教育し、多くのデザイナー、製作者、作家をジュエリー業界に輩出していくことが学校に問われています。

course_img

ACCESSBLOGFacebook