彫金教室〈バングルをつくってみよう-WAX編⑤-〉

スタッフブログ

2019.02.2

こんにちは。本日は前回の続き『脱ロウ工程』のご紹介です!

 

フラスコに流し込んだ埋没剤が固まったら、電気炉に入れて加熱します。

加熱することでワックスが溶けだし湯道を通って埋没剤の外に流れます。この工程を『脱ロウ』と言います。

その後、電気炉の中で焼成すると埋没材の中に原型(バングル)の形の空洞が出来るので、そこに溶けた金属を流し込んで鋳造を行います。

 

彫金教室

流し込む溶けた金属の温度はなんと1000度!!想像出来ないくらい熱いですね(; ・`д・´)汗

 

次回は、型ばらし(埋没剤を崩す)工程をご紹介いたします。お楽しみに!

岡崎

東京・吉祥寺で初心者からジュエリー、アクセサリー制作を学べる彫金教室

DOVE Tokyo College of Jewelry
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-6 

TEL: 0422-28-0012

Mail: info@dovetokyo.com

Instagramアカウント名: dove_tokyo_college_of_jewelry

URL:https://preprod.instagram.com/dove_tokyo_college_of_jewelry/